ご挨拶

top-d
今年は、大阪北部地震が起こり、その後の豪雨、酷暑、逆走の台風など、災害が続いています。被災された方には、心よりお見舞い申し上げます。これから本格的な台風シーズンになります。備えあれば患いなしと言います。今一度、準備をなさってください。
さて、皆様から多くのご支援をいただき、京都府議会議員として活動し、3年が経ちました。2017年度は、本議会での代表質問に続いて5回目の一般質問をさせて頂きました。本年度(2018年)は、9月の本会議にて一般質問をさせていただく予定です。この一般質問は、議員となって一期目の最後の一般質問となりそうですので、京都府南部の課題などについて、さらに精査して準備してまいります。
私のライフワークである「教育」について、主に就学前教育に関する環境整備に力を入れ、取り組みたいと思います。また、京田辺市内にある府が所有する60haの土地利用、井手町に新設される府立特別支援学校の促進、井手町や宇治田原町の人口減少、道路環境の整備など積極的に取り組みたいと思います。
近年増加している自然災害などへの緊急かつ短期的対策として、河川の改修などを取り組みます。また、年少人口、生産年齢人口の減少などで生じる社会基盤の変化に対応するため、長期的な課題に対しても、しっかりと取り組んでいきます。
まだまだ勉強の日々が続きますが、さまざまな課題に対して、より具体的に取り組みが進むように、府民の皆さんの視点に立った意見を伝えるよう頑張っていきます。
府民の皆さんの視点に立って、府民の皆さんの声を府政に反映させるよう全力を尽くしますので、よろしくお願い申し上げます。

2018年8月