環境・建設交通常任委員会の管外調査を行いました。

11月7日から9日まで九州地方の管外視察を行ってきました。熊本での震災は、まだまだ復興していません。
復興も多額な費用がかかるそうです。福岡みやま市では、電力の地産地消を行なっている自治体です。まだまだ、課題はあるようですが良い試みだと思います。京田辺市においても試みる価値があると思います。
今回の視察では、島原半島ジオパーク協議会(長崎県島原市)、国土交通省九州地方整備局(熊本県南阿蘇村:阿蘇大橋周辺)、みやま市議会(福岡県みやま市)、北九州次世代エネルギーパーク(福岡県北九州市)に行かせてもらいました。
これらの視察から得たことを、京都府政に活かして行きたいと思います。特に防災に関しては、急務な課題だと思います。

img_2308
南阿蘇村の橋が崩落した現場です。ここは最後まで行方が分からなかった方がお亡くなりなった所です。

img_2307

img_2320

img_2317