海外視察について

平成27年8月27日から9月3日に掛けて、ドイツ、オランダに海外視察に行きました。
ドイツでは、コンパクトシティーのあり方、再生可能エネルギー、CLTなど視察し、オランダに関しては、ワークワイフバランス、女性の働き方、認知症対策について視察を行いました。
視察結果に関しては、9月29日9時〜11時50分に府庁で報告会を開催します。傍聴可能です。
オランダの認知症対策、ドイツの再生可能エネルギーなど学ぶべき事は、沢山あります。しかし、日本、特に京都府に於いては、他国と比べて進んでいる点も見られます。隣の芝は、青く観れるのかもしれません。でも、見習う点も多くあることは事実です。今回視察を行った団体、州政府など活躍されている人は、ボランティアの方が非常に多く、日本との文化の違いを感じました。
これkらは、京都府が目指す「共生社会の実現」に今回の視察で学び、実感したことを提案し、住みやすい街にしたいと思います。